2018年新年のごあいさつ

 

あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございます。

日本と中国との間では、昨年は日中国交正常化45周年、今年2018年は日中平和友好条約締結40周年を迎えます。当会では、昨年12月9日、日中国交正常化45周年記念交流会を京都市国際交流会館で開催し、成功裏に終えることができました。

国交正常化当初、中国からの訪日人数は年間数千人でしたが、今日で640万人に達し、世界の中でも最多となっています。これは、この45年間の日中関係の飛躍的な進展の象徴です。このような活発な人的往来や緊密な経済関係、そしてお互いの文化交流は、国交正常化以来、両国が築き上げたかけがえのない財産です。

今年は、当会では引き続き経済、エネルギー、環境、医療、観光などの諸分野、とりわけ中国が推進する「トイレ革命」の科学技術分野で、新たな推進プロジェクトを発足します。設計と管理システムなどからサステナブウルな提案を行えるよう積極的に取り組み、微力ながら両国の発展に寄与してまいる所存です。

皆さまにおかれまして、引き続きご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

 

  平成30年元旦

 

日中發展促進会 会長 周瑋生

理事一同